テーマ:太平洋戦争

昭和二十年八月十五日

 昭和二十年八月十五日、天皇の重大ラジオ放送のある日だ。それが何の放送か正確にはわからなかったが、朝の新聞を見て、終戦を知らせるものであることは推測できたけれども、この日も依然として空襲は続き、本当に戦争が終りになるのかどうかずいぶん心配した。  この日の正午、天皇の終戦放送が終ると、それ以後、十六日にかけて空襲警報のサイレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗橋での敗戦の噂。八月十五日の放送

   戦争がここまで来ると、いくら私でももう丸一日かかる買い出しには行けなくなった。食糧はあと数日を残すのみとなり、その心細さに八月中旬のある日、半日で言って来られる栗橋へ、妻と二人でカボチャの買い出しに出かけた。  その日、カボチャをわけてもらって栗橋駅へ戻ったが、どうしたことかいっこうに帰りの汽車が来ない。しかたなく栗橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疎開の混乱ぶりに国滅亡の姿を見る

 世の中がこんな状態になると、本当に毎日が死との対面だった。明日という日がどうなるのか、まったく期待は持てなかった。空襲のあるたびに役所の人が、一人二人と隠れん坊でもするように消えて行った。  私に自転車を貸し出してくれた二人の用度係の人も、ともに三月以来、どこへ行ったのか行方がわからなかった。なかには恐怖のあまり役所に無断で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空襲につぐ空襲で恐怖の八ヵ月

 第二回目の東京大空襲は四月十三日夜半から十四日明け方にかけ、B29百七十機をもって行われた。このときは東京の山ノ手方面が攻撃され、焼夷弾による市街の無差別攻撃だった。一日おいた十五日にもB29二百機が、京浜地区と帝都城南地区を大爆撃して去って行った。  名古屋地区はときどき空襲を受けたが、五月十四日の大空襲はひどかったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和二十年

 昭和二十年と年は改まったが、この年は日本国中が空襲で始まり、空襲で終る恐ろしい八ヵ月だった。それに日本は敵に取り囲まれ、ますます深刻化する食糧不安と熾烈をきわめる敵の攻撃に、殺されるか飢え死にかとただおろおろするばかりであった。  外にあっては一月上旬、アメリカはフィリピンのルソン島に上陸、二月上旬、マニラを占領、そして二月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活窮迫、カボチャを買いに埼玉の栗橋へ

 日光の旅から帰ってきたころ、日本の戦況は予期に反していっそう悪くなっていた。六月中旬、サイパン島に上陸した米軍を撃つべくマリアナ沖海戦(サイパン西方)が行われたが、わがほうは多くの空母、飛行機を失う大敗北といわれ、西太平洋の制海権は完全に敵の手におち、開戦以来最大の重大な局面となった。  このとき大本営は、空母五、戦艦一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和十九年

 三陸の旅(参照)から帰ってきたころ、敵はソロモン群島北部のブーゲンビル島に有力部隊を上陸、日本はこれを阻止するために、十一月一日から五日にかけてブーゲンビル島沖海空戦を行ったが、大本営は、海戦で敵の巡洋艦と駆逐艦十四隻、大型輸送船四隻撃沈破、航空戦では空母二隻轟沈、巡洋艦等四隻撃沈、上陸用舟艇四十隻以上撃沈、敵機撃墜十機、わがほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和十八年、臨戦態勢の強化と山本五十六元帥の戦死

 昭和十八年、新しい年を迎えたが、戦局の悪化は決戦体制の強化をもたらし、われわれの生活にも影響して苦しい生活の幕開きとなった。  元旦から一ヵ月二五立方メートルという、ただでさえ少ないガスが二三立方メートルに減らされて、正月らしい気分は味わえず、町で映画や演劇を見ようとすれば冷たい目で見られ、家庭ではおもしろくもない「愛国百人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦局悪化と滅私奉公

 ミッドウェー海戦の後、勝ちに乗じた米英の反撃が開始された。昭和十七年八月上旬、ガダルカナル島とツラギ島に大輸送船団をしたがえた米英連合艦隊が上陸進攻、ガダルカナル争奪の第一次ソロモン海戦が始まった。  このとき日本海軍が秘密裏に造っていた飛行場が完成間際にあっさり占領され、アメリカはただちに使い始めたという。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドウェー海戦のころ

 昭和十七年の六月上旬、日本の運命を左右するミッドウェー海戦が行われた。四月の東京初空襲以来、山本連合艦隊司令長官は敵殲滅をはかり、連合艦隊の総力を投入してミッドウェー沖に一大決戦を挑んだ。  ミッドウェー海戦に先だつ五月上旬、ニューギニア東南海面で、日米機動部隊同士の初の珊瑚海海戦(航空戦)が行われたが、このとき大本営は、空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋戦争勃発

 昭和十六年の四月の初め、米が配給制となり、大人一人一日二合三勺(約340グラム)となった。五月には煙草も一人一日一箱に制限された。煙草を吸わない私は何とも思わなかったが、米が自由に食べられなくなるのかと思うと信じられない気がした。しかし、軍ではいくらでも食べられたので、そんな不安もいつの間にか消えてしまった。けれども都会の生活がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more