テーマ:戦後

闇市とスピード籤と白いコッペパン

 こんな苦しい世の中なのに、追い討ちをかけるように、私の家で同居することになった妹の主人の戦時中から勤めていた統制会社が潰れてしまい、わずかな退職金で失業の日々送らざるを得なくなった。二人の子供を抱えた妹の日ごとに暗くなっていく顔を見ていると、私もじっとしていられず、この年の秋、人手不足だった私の役所に就職を頼んでみた。  こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

当たった内職、六帖に二世帯が住める改造案

 この年(注、昭和21年)の春、長男が生まれ、、子供をもつ喜びとともに肩の荷がぐっと重くなるのを感じた。そして、ふたたび勢いを盛り返したインフレにいっそう苦しめられ、生活を少しでも和らげるために、初夏のころ、内職でもして金を稼ぎたいという考えが頭から離れなくなった。  ところが、どこを見ても内職などは見つからなかったし、戦時中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和二十一年、革命前夜を思わせた皇居前

 昭和二十一年の年の初め、来日した外国のジャーナリスト(新聞記者?)が日本の現状を見て、春までには一千万人の餓死者が出るだろうと予言したのをなにかで見たことがあった。  実際にはそこまではいかなかったが、当時のありさまは第三者が見ても、それほどひどいものだった。とくに食糧事情はよくなるどころか、いっそうひどくなった。それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食糧がない、石炭がない、電気・ガスもない

 塩屋の旅から帰って来たころから、かつてなかったほど石炭不足がひどくなり、東京鉄道局管内だけでも貯炭量が二日を割るという状態で、鉄道は危篤状態となった。そのため十一月以降は50パーセント以上も列車本数が減ってしまい、乗車制限は厳しくなり、ただでさえ混雑の激しい列車に私たちはもう乗れないだろうとさえ思われた。  そのうえ、さらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常磐線での浮浪児と少女に見る戦後

 泉駅から常磐線の上り列車に乗る。混雑を覚悟していたのに、列車はかなり空いていて座席に座ることができた。しかし、途中から浮浪児のような三人の少年がウイスキーの瓶を片手に持って、ぐでんぐでんに酔っ払って乗りこんできた。  ウイスキーをすっかり飲んでしまうと、空になった瓶を肘かけで叩き割ったり、大きな声であたりかまわずわめきち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の長屋で一泊、塩屋岬の灯台見物

 夕方、宿の女中は別の部屋に私を移してくれた。兄夫婦を迎えに行った妻はなかなか戻って来なかったが、七時になってようやく兄たちを連れて帰って来た。一休みしてから話を聞くと、兄のいるその海岸町には昔から一つの風習があって、隣組のなかで人が死ぬと、その身内はもちろん、親戚もいっさい葬儀に関しては手を出してはならず、隣組の人が三日間仕事を休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四男の兄の見舞いに身重の妻と塩屋への旅 2

 もたげた旅心、平郊外の閼伽井岳へ  日立を出ると、これまでの汽車旅行で幾度も見慣れた常陸の海沿いを列車は走る。それは昔と少しも変わらない懐かしい風景だった。すると旅心がむくむくと頭をもたげて来た。昔の旅を思い、またいつ来られるかわからないと思うと、せっかくここまで出て来たのだから兄のところへは明日だっていいじゃないかと思い、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四男の兄の見舞いに身重の妻と塩屋への旅 1

 焼け野原の水戸、灰燼に帰した日立  こんな生きにくい世の中になったのに、昭和二十年十一月、私はやむを得ない用事のため、妻と二人で戦後初めての旅をすることになった。終戦直前、福島県の海岸町小名浜へ工場ぐるみ疎開した四男の兄の会社が終戦とともに倒産してしまい、小さな町工場だっただけに退職金も出ず、東京からついて行った工員たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三世帯同居、一度の買い出しで麦三斗に芋六貫

 日本がアメリカ兵に占領されても私たちの生活にさほど大きな変化もなく、平穏無事とわかった九月に、母を疎開先の稲城村へ迎えに行った。町の貸車屋からリヤカーを借りて自転車の後ろにつけ、妻には電車で先に行かせて、後押しを手伝ってもらって帰って来た。  食糧事情がもう少しよくなるまで疎開先にいてもらいたかったが、稲城村でも食糧は窮屈だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦―安堵と混乱の日々

 終戦とともに建物疎開は中止となり、大都市への再転入は抑制された。八月二十日には灯火管制は廃止され、天気予報も復活した。十月になると、集団疎開をしていた学童が東京に帰って来て、焼けた校舎の片隅で青空教室が開かれた。  八月三十日、マッカーサー元帥が厚木に到着し、前後して米軍が続々と進駐して来た。初めて見る彼らの顔は明る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和二十年八月十五日

 昭和二十年八月十五日、天皇の重大ラジオ放送のある日だ。それが何の放送か正確にはわからなかったが、朝の新聞を見て、終戦を知らせるものであることは推測できたけれども、この日も依然として空襲は続き、本当に戦争が終りになるのかどうかずいぶん心配した。  この日の正午、天皇の終戦放送が終ると、それ以後、十六日にかけて空襲警報のサイレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このごろ世の中がキナ臭い 後編

前回の「このごろ世の中がキナ臭い 前編」からの続きです。 野坂さんは当時中学生でした。 ですから今中学生に僕は語り伝えていきたい。 で、その言葉を受け止めて、じゃあ僕は小学生に語り伝えていこうと、こんな約束をしたんですが、その他にも昭和1ケタで調子がいいとか目立ちがり屋だとか、あるいは知恵はあるけれども、というよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このごろ世の中がキナ臭い 前編

ずいぶんご無沙汰してしまいました。 本来の管理人HASEGAWA氏が、実父末夫さんの生原稿を保管しているにもかかわらず、ブログにノータッチを決め込んでおりまして、滞ったままでありました。 でも、決して放置したままで終わらせるつもりはなく、ならば仕方ないですね、またしゃしゃり出て、お口ならぬお目汚しで間をつなごうと、管理UNION…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集団買い出しと列車地獄物語

膨大な原稿はあるものの、私の手元にはその半分の画像しかない。 画像も、ほぼ尽きた。 そこで、末夫さんの著書から抜き書きをしてみる。 今まではほぼ年代順にアップしてきたが、これからは順不同で進めて行こうと思う。 私は別の自分のブログも開設している関係で、空いた時間にぼちぼちやるしかないので、どうかお許し願いたい。 話は一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more