テーマ:鼻曲山

一ノ字山 留夫山 鼻曲山 剣ヶ峯縦走 松井田へ

此のハイキングコースは上野を前夜の最終で出発するとよい。 軽井沢に着くと浅間や離山や此れから上らんとする一ノ字山の連峯がしきりとまねく。 先づ道を旧軽井沢に取る。 唐松の林の中を一直線に進むとすぐ旧軽井沢の町だ。 此こで草津軽鉄の踏切をこえて、峠町迄は仲々に苦しい上りで有る。 途中は紅葉(11月初旬が美しく、又…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間隠山 鼻曲山縦走

気がつけば、先月は一度しか更新しなかった。 さすがにこれはまずい。 深く反省し、慌てて末夫さんの原稿を転記する。 今回は浅間山を望みつつ歩いた、昭和十三年四月の浅間隠山、鼻曲山縦走の記録だ。 此のハイキングコースは展望の雄大広潤にして、美しい点では恐らく全関東にそう多くの比を見ないものと云って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧積温泉より鼻曲山へ

霧積温泉は映画で「かあさんぼくの帽子はどこに行って」という台詞で覚えているのですが、このコースは地図で見るだけでした。峠という街や草軽電鉄に気持ちが云って一ノ字山や鼻曲山にはいってはいない。末夫さんはこのコースは面白いと話した記憶はあるのだが高原だったり楽そうだったりして行かなかった。今となったらつまり年を取った今には良いコースだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

最近のコメント

テーマ別記事

QRコード