テーマ:昭和

闇市とスピード籤と白いコッペパン

 こんな苦しい世の中なのに、追い討ちをかけるように、私の家で同居することになった妹の主人の戦時中から勤めていた統制会社が潰れてしまい、わずかな退職金で失業の日々送らざるを得なくなった。二人の子供を抱えた妹の日ごとに暗くなっていく顔を見ていると、私もじっとしていられず、この年の秋、人手不足だった私の役所に就職を頼んでみた。  こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

当たった内職、六帖に二世帯が住める改造案

 この年(注、昭和21年)の春、長男が生まれ、、子供をもつ喜びとともに肩の荷がぐっと重くなるのを感じた。そして、ふたたび勢いを盛り返したインフレにいっそう苦しめられ、生活を少しでも和らげるために、初夏のころ、内職でもして金を稼ぎたいという考えが頭から離れなくなった。  ところが、どこを見ても内職などは見つからなかったし、戦時中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和二十一年、革命前夜を思わせた皇居前

 昭和二十一年の年の初め、来日した外国のジャーナリスト(新聞記者?)が日本の現状を見て、春までには一千万人の餓死者が出るだろうと予言したのをなにかで見たことがあった。  実際にはそこまではいかなかったが、当時のありさまは第三者が見ても、それほどひどいものだった。とくに食糧事情はよくなるどころか、いっそうひどくなった。それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和二十年

 昭和二十年と年は改まったが、この年は日本国中が空襲で始まり、空襲で終る恐ろしい八ヵ月だった。それに日本は敵に取り囲まれ、ますます深刻化する食糧不安と熾烈をきわめる敵の攻撃に、殺されるか飢え死にかとただおろおろするばかりであった。  外にあっては一月上旬、アメリカはフィリピンのルソン島に上陸、二月上旬、マニラを占領、そして二月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い出しも旅、茨城の猿島郡まで自転車で 2

 この買い出しに持って行く品物はだいたい役所からの配給品だった。その主たるものを挙げると、作業服上下(年三回ぐらい配給)、ゴム長靴(年に1,5回ぐらい)、軍手、軍足、地下足袋、ズック靴、ゲートル、作業帽(これらは2、3ヵ月に1回)。こうした品物のほかに使い方もわからない分厚いズックの布地二メートルやゴムの氷枕、麻の南京袋、一升瓶に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い出しも旅、茨城の猿島郡まで自転車で 1

 (昭和19年)九月ごろ、町工場に行っている四男の兄は会社から作業服一揃えに帽子から軍手、軍足、地下足袋までもらって来て、私にこれを食糧と交換して来てくれという。これらは農家でもっとも喜ばれる物物交換の品物だった。私はさらに倹約してためておいた電球と石鹸を添えて、これなら必ず食糧は手に入ると妻と二人で喜び勇んで出かけて行った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このごろ世の中がキナ臭い 後編

前回の「このごろ世の中がキナ臭い 前編」からの続きです。 野坂さんは当時中学生でした。 ですから今中学生に僕は語り伝えていきたい。 で、その言葉を受け止めて、じゃあ僕は小学生に語り伝えていこうと、こんな約束をしたんですが、その他にも昭和1ケタで調子がいいとか目立ちがり屋だとか、あるいは知恵はあるけれども、というよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このごろ世の中がキナ臭い 前編

ずいぶんご無沙汰してしまいました。 本来の管理人HASEGAWA氏が、実父末夫さんの生原稿を保管しているにもかかわらず、ブログにノータッチを決め込んでおりまして、滞ったままでありました。 でも、決して放置したままで終わらせるつもりはなく、ならば仕方ないですね、またしゃしゃり出て、お口ならぬお目汚しで間をつなごうと、管理UNION…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空腹の日々

 海のかなたでの戦局は期待に反して重大化していたが、国内の生活もさらにいっそうの苦しさを増していった。  一月に戦費調達のため、政府は直接税・間接税の大幅値上げ案を決め、間接税は一足早く二月中旬実施といわれ、それによると清酒一升(1・8リットル)一級七円が十二円に、ビール一本九十銭が一円三十銭に、ウイスキー四合瓶(720ミリリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和十九年

 三陸の旅(参照)から帰ってきたころ、敵はソロモン群島北部のブーゲンビル島に有力部隊を上陸、日本はこれを阻止するために、十一月一日から五日にかけてブーゲンビル島沖海空戦を行ったが、大本営は、海戦で敵の巡洋艦と駆逐艦十四隻、大型輸送船四隻撃沈破、航空戦では空母二隻轟沈、巡洋艦等四隻撃沈、上陸用舟艇四十隻以上撃沈、敵機撃墜十機、わがほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦局悪化と滅私奉公

 ミッドウェー海戦の後、勝ちに乗じた米英の反撃が開始された。昭和十七年八月上旬、ガダルカナル島とツラギ島に大輸送船団をしたがえた米英連合艦隊が上陸進攻、ガダルカナル争奪の第一次ソロモン海戦が始まった。  このとき日本海軍が秘密裏に造っていた飛行場が完成間際にあっさり占領され、アメリカはただちに使い始めたという。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッドウェー海戦のころ

 昭和十七年の六月上旬、日本の運命を左右するミッドウェー海戦が行われた。四月の東京初空襲以来、山本連合艦隊司令長官は敵殲滅をはかり、連合艦隊の総力を投入してミッドウェー沖に一大決戦を挑んだ。  ミッドウェー海戦に先だつ五月上旬、ニューギニア東南海面で、日米機動部隊同士の初の珊瑚海海戦(航空戦)が行われたが、このとき大本営は、空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more