テーマ:観光コース

江戸川堤の櫻

ここの桜は当時、墨堤よりも有名だったらしい。 江戸川とは言わず、「小利根」と呼ぶのが一般的なようだ。 大正後期に発表された田山花袋の「東京近郊 一日の行楽」には次のように記されている。 少々長くなるが書き写してみよう。 末夫さんが歩いた約十年前の描写である。 京成電車の支線は、高砂から帝釈に行って、もとの人車鉄道のあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉迴遊

昭和八年一月二日に平泉を訪ねた折の紀行文、大正二年生まれの末夫さんが二十歳の時の記録です。 建築設計で身を立てる以前のことで、設計士としてはまだ駆け出しの頃のものですが、フリーハンドながらスケッチに多用されている直線描写の几帳面さに彼の資質の萌芽を感じます。 たった一日で厳美渓から平泉までを周遊する慌ただしい行程なので、スケッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more