テーマ:柴又帝釈天

江戸川堤の櫻

ここの桜は当時、墨堤よりも有名だったらしい。 江戸川とは言わず、「小利根」と呼ぶのが一般的なようだ。 大正後期に発表された田山花袋の「東京近郊 一日の行楽」には次のように記されている。 少々長くなるが書き写してみよう。 末夫さんが歩いた約十年前の描写である。 京成電車の支線は、高砂から帝釈に行って、もとの人車鉄道のあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more