細尾峠越え

細尾峠は足尾と日光を結ぶ大切な街道で江戸時代には家康を祭った東照宮に向かう例幣使街道のひとつであった。足尾銅山の盛んなころは銅街道と言われていて、戦時中には外国人がこの街道の当たりでザルを持って野草を摘んでいたのを見て何かとても哀れに感じたと末夫さんは本に書いている。この辺りには目立たないが静かな山が多く薬師岳、夕日岳、地蔵岳、中善寺湖南の山々。皇海山などは懐かしい名前である。今の銅街道も走る車も少なくこの時代に帰ってしまったようである。

画像

"細尾峠越え" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント