集団買い出しと列車地獄物語

 昭和二十年の冬、石炭不足から列車本数の大削減と乗車制限が行われたが、かてて加えて戦後の買い出しは戦前に比べて悪質な集団闇屋が多数乗りこむようになり、列車のなかは不法と暴力が支配する社会の縮図となっていた。  一方、そうしたなかで買い出しを目の敵にする警察の取り締まりも厳しくなり、汽車を利用する買い出しには、実に大変な苦労がつきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more