歴史はお上が作るものではないのです


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



2018年5月14日(月) 日本テレビ NNNドキュメント 「南京事件 Ⅱ」 AM 0:55~ 

73年前、戦争により一度は焦土と化した東京。
今は防衛省が置かれているこの一角に、かつて陸軍省参謀本部がありました。
敗戦が決まった1945年の8月、この建物の裏手から三日間にわたって煙が立ち昇ったといいます。
それは軍の公式記録を焼却する煙でした。
焼却を命じた陸軍の書類です。
日付けは八月拾五日。
戦争責任を問われかねない記録を、連合軍が来る前に葬ることを政府が決定したのです。
ところが、終戦からおよそ50年が経過した1996年、防衛省の敷地内から大量の灰や焦げた紙の束が発見されました。
それは焼却されたはずの日本軍の記録だったのです。
燃え残っていた陸軍の記録です。
現在は一枚ずつ台紙に張られ、市ヶ谷台史料と呼ばれ、保存されています。

その現物を見ることができました。


(以下、YouTubeで)



5月20日に、BSで再放送がある模様。
またフジサンケイグループが総力を挙げて噛みつくのでしょうし、近いうちにYouTubeも消されるのでしょう。

中国も天安門事件を歴史から抹殺しようと躍起になっているので、否定肯定、どちらにも与するつもりはありません。

有ったことを無かったことにしたり、改ざんや隠ぺいなどもってのほかです。
歴史から真実を学んで、正確な史実を次代へ繋げなければいけません。
史実はお上が作るものではないのです。
市井の人の、粉飾のない多くの文章こそが歴史の真実を語っているように思えるのです。


(文責、太田)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント