南阿武隈二日の旅

上図のように、たぶん戦後に書き起こしたらしい地図は残っているものの、以下の原稿は昭和15年に書かれた下書きしか残存していない。 これでは転記以前の問題で、判読不能に近いのである。 (日数をかければ何とかなるやも知れぬが、膨大な作業時間を想像するだけで気分が萎えてしまう) よって今回は、末夫さんが南阿武隈二日の旅 に出かけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more