一ノ字山 留夫山 鼻曲山 剣ヶ峯縦走 松井田へ


画像

画像

画像

此のハイキングコースは上野を前夜の最終で出発するとよい。
軽井沢に着くと浅間や離山や此れから上らんとする一ノ字山の連峯がしきりとまねく。
先づ道を旧軽井沢に取る。
唐松の林の中を一直線に進むとすぐ旧軽井沢の町だ。
此こで草津軽鉄の踏切をこえて、峠町迄は仲々に苦しい上りで有る。
途中は紅葉(11月初旬が美しく、又、八ヶ岳、立科方面の展望が実によい。

一ノ字山へは峠町の少し手前で運送道を左へ入り、十歩程して右へ小路を上るので有る。
仲々に急で苦しい上りだ。
栗や唐松の雑木林で有るが、暫くして登りは大部平坦となりて、樹木も低く高原状になる。
一ノ字山に着いたのだ。
樹林のため余り展望は良くないが、時々道の右手に浅間が雄大な姿をして我々の目を楽しませてくれる。

やがて道が下り坂になると前面に留夫山の尖峯が見え、道は一ノ字山と留夫山との鞍部に急下降する。
道は此こで留夫山の左裾を廻っているから、留夫山へ登るならこの鞍部で上へ上へと道なき所を歩かねばならない。
然し藪は大した事はなく、霧さえ出なければ迷ふ様な事はない。
留夫山よりの展望は、樹林は有るが可成り良い。
信州側の浅間、上州側の榛名、妙義は充分楽しめる。

扨、これから再び道なき樹林帯を前面の1,590米圏の峯との鞍部に下るのだ。
此こは一寸迷ひやすいから、地図をよく見て国境線を外さない様にせねばならない。
再び次の鞍部に下ると前記の留夫山の裾を巻いて来た道に合する。
此の道は更に山腹を巻いているから、国境線沿ひに鼻曲へ行くには此の道は捨てねばならない。
此の道を一寸下った所(前進した所)に小さな沢が有って、飲料水は豊富だ。

再び道なき樹林帯を雑草を別けて前面の1,590米圏の峯へ登り、前方に見える鼻曲の怪峯を目指して二つ程凸起を越すと、右側より霧積温泉よりの道に出る。
目指す鼻曲はすぐ上だ。
更に一しきり苦しい登りを續けると1,654米の山頂に着くで有ろう。
展望は実に物凄い程良い。
山頂に立っていると頂度空を飛んでいる様で有る。

展望を充分にしたら、いよいよ剣ヶ峯へと向かふ。
道は先刻出合った霧積温泉よりの道を下ればよい。
先刻の出合の所から左へと国境尾根と別れて剣ヶ峯へ通ずる尾根に移る。
国境線を離れる辺り、可成りの急坂だ。
右手には魁偉な山貌をして聳えている。
途中で国境平よりの道に合する辺り、唐松の梢を通して鼻曲山が仲々美しい。

可成り長い事原生林の尾根を辿ると、やがて道は二分する。
右へ下ると霧積温泉だ。
こゝで更に尾根を進むとすぐ又、十文字に出る。
左へ下れば烏淵、右へ下れば霧積温泉で有る。
剣ヶ峯へは更に尾根を辿るので有る。
こゝから一寸急坂を上り、剣ヶ峯と思しき峯の右側を廻るとすぐ目前に剣ヶ峯が見える。

道は本道と別れて約十分、急登行の後1,429米の剣ヶ峯に立つ事が出来る。
頂上は樹林帯だが三箇所程、木が切払はれて椅子等が作って有り、展望は可成り良い。
浅間が鼻曲の上に覆被さる様に聳え、浅間隠は眞正面に、最も美しい烏淵の谷が目下だ。
村の農家が見える、妙義の連峯も佳い。
榛名はやゝ遠いが大きな山容で有る。
角落山がまるで竹ノ子の様に足下に飛び出して見える実にたまらない展望だ。
【 こゝでは時間がないから再び元の本道に戻るが、もし霧積に一泊しての二日行程ならこれより角落山との鞍部に下り、それより角落を極め、再び鞍部に戻り、左へと剣ヶ峯の裾にに附けられた道を進めば、すぐ本道に合する事が出来る 】

山頂の快をつくしたら再び元の本道に戻る。
道は剣ヶ峯の右裾を進む。
楢や栗や楓の原生林帯で、紅葉の頃はさぞ美しいで有ろう。
暫くして唐松の林へ入ると角落よりの道と合する。
更に下る事暫し、道は再び二分する。
左へ行けば大平だ。
松井田へは右へと尾根を辿ればよい。
此の尾根道は可成りに長い。
それに全くの樹林帯で、展望の全くない馬鹿尾根だ。
途中には可成り岐路が有るが、尾根通し眞直くに行けば間違はない。

嫌になる程長い此の尾根道が終ると、突然目下に新開の美しい部落が見える。
増田川に沿った五、六軒の民家の有る夢の様な村だ。
道は此れより増田川沿ひに板ヶ沢に到り、こゝで川と別れて小さな丘一つ越えて、九十九川畔の土塩へは約40分、其れよりバスで30分、歩いても80分で松井田に着く事が出来る。

[ 附 ]
本コースは霧の有る日、又は盛夏の候は不向き。



昭和13年10月の山行記録だが、この程度のコースは末夫さんにとってはハイキングの範疇に入るようだ。
剣ヶ峰は現在、剣の峰と呼ばれている。
原稿には句読点や改行が一切なく、非常に読みづらい。
読んで読めないことはないが、これではおそらくどなたも読んでは下さらないと推測し、敢えて転記した。
誤字や語用と思われる個所があるが、原文に忠実にと心掛けた。


さて、上記の文章は戦前の記録であって、以下に、本になった末夫さんの著書から抜き書きしてみる。

 お礼参りに紅葉の浅間隠山に遊ぶ

 浅間山は私にとって大切な山だ。あの昭和七、八年ごろの不況と失業の時代、希望を失った私を生き返らせてくれたありがたい山だったから一度ゆっくり近くから眺めてお礼をいいたいと思っていた。それでこの年の秋、紅葉見物がてら出かけた。行程は軽井沢から国境尾根を浅間隠山へと歩くものだった。

 上野駅を夜行で出発、翌朝早く軽井沢の駅に降りると朝靄のなかに浅間山が見えた。そして初めに登る国境尾根の上に一ノ字山(1,422メートル)が私を招いている。下車し、旧中仙道を峠へと歩く。ここは国境尾根上にあり、峠の入口から左へ尾根道伝いに入ると三十分ほどで一ノ字山に着く。あたりは落葉松の疎林で見晴らしがよく、信州側の草原の上に白煙を棚引かせる浅間山を懐かしく拝んだ。ここから道は落葉松の明るい国境尾根を進む。やがて行く手に留夫山(1,591メートル)があらわれ、道はその左裾を巻くように登る。本道をはずれて草に覆われた山頂をめざして行けば、すぐ山頂に着く。山頂から見る浅間山は巨人のごとく、ひときわ天空に聳え立っていた。

 山頂よりふたたび尾根を辿ると、右手剣ノ峰から派生する尾根と合流する地点で、剣ノ峰から来る小道と合流する。少し登ると鼻曲山(1,654メートル)に着く。この山は頂上が一部突出した特異な形をしており、ちょっとした岩場などもあるおもしろい山だ。頂きには少し灌木もあるが、見晴らしが実によい。眼下に広がる大浅間高原をしたがえ、その上に浅間山が素っ裸になってその豪巨な全容を見せている。上州側は深い谷で、その上に妙義、榛名などの名峰が浮かんでいる。
 浅間隠山(1,757メートル)は草付きの尖った山だ。ここに登る特別な道はなく尾根の上を草と灌木をかきわけて進む。約六キロ、往復三時間とみればよい。頂きからの展望は鼻曲山とほとんど同じだ。ただ草津側の重畳たる白根火山や横手山がみごとである。この尾根もここが終点で、その先は菅峰を経て吾妻川の谷に下ってしまう。一ノ字山からずっと続くこの尾根は浅間山の東側をあますところなく見せてくれた。下山はいったん鼻曲山まで戻り、東へと(向かって左)、先刻合流した尾根道を辿ると、剣ノ峰から松井田へ出られるが、西(向かって右)へ下ると小瀬温泉に出る。小瀬への道はないが、明るい草の斜面を長日向(ながひなた)の村をめざして下ればよい。約一時間歩いて高原のなかの温泉宿、小瀬温泉に一泊した。静かな高原の夜、ランプの光の下で湯につかる心地よさは譬えようもなかった。

 翌日は朝九時に宿を出て眼前の鼻曲山をめざして往路を戻る。頂上から少し下ると昨日見た剣ノ峰よりの尾根の取付きに出る。ここで道を東へと辿ると、ほどなく剣ノ峰に着く。信州側は高原だったが、上州側は原始林が多く、谷も込みいっていて、しかも深い。剣ノ峰の頂きでは樹林が切り開かれてベンチまで置いてあり、見晴らしが楽しめた。巨大な浅間が鼻曲山の上に覆いかぶさるように聳え、三角形の浅間隠山は高く屹立し、角落(つのおとし)山(1,396メートル)が筍のように見える。妙義山、榛名山も臨めるすばらしい景観だ。

 帰路は一番近い新開の村に下りる。道は尾根通しでやや長いが、広葉樹林帯で秋の紅葉がみごとだった。新開から土塩に出て、バスで九十九川沿いに信越線の松井田駅に出て帰って来た。

< 草思社発行 長谷川末夫著 「汽車が好き、山は友だち」より抜粋 >


戦前の原稿を読めば夜行日帰りだが、本を見ると何故か小瀬温泉に一泊し、『静かな高原の夜、ランプの光の下で湯につかる心地よさは譬えようもなかった』とある。
元原稿がまさか今の時代にこうしてブログで晒されるとは思ってもいなかっただろうから、長閑な山旅を強調するためのフィクションと考えられる。
この程度の脚色はどうでもいい瑣末なことだが、登山と温泉を組み合わせて、末夫さん自身の思い入れ深い浅間山周辺の魅力を伝えたかったのだろうと勝手に想像している。


※ 記 太田


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント