三里塚サイクリング

 昭和13年の成田、三里塚と現代のそれと比べるべくも無いだろうが、作者が文中によく車上の人といっている車が自転車というのも時代だなーと感ずる。それでもこの地は作者である末夫さんがよく汽車で訪れ歩いたところでそれを自転車で自由に走れ回るのは確実に旅は違ったものになっていたはずである。目をつぶって高速も特急電車も捨てて少し想像してみると三里塚の桜が目に浮んでこないだろうか。

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント