試行錯誤その2


末夫さんの原稿ファイルを見ていると、その中に以下のような「目次」がある。
昭和11年から14年にかけてのものだ。
以後も旅は続くので、14年の後半に一度、それまで書き溜めた原稿を整理したことが判る。
こちらはそれを元に、順次ブログへアップしているのだが、それでも原稿は目次通りには保存されていない。
これが混乱の原因で、エントリーの順番も時代が前後してしまう。
完全に欠落しているものもあるし、中には、目次には載っていないのに、なぜかスケッチだけ残されている地域もある。
もちろん原稿とスケッチの両方が残されているものもある。
ところが、それらはまったく別にファイリングされているから、照合と統合の作業が難しい。
まあ、年金記録の名寄せ作業よりは簡単なのだが、それでもかなりの時間を要する。
消えた年金記録と同じで、末夫さんの記録も、回復されないものが多く出そうな予感がある。
反対に、著書、「汽車が好き、山は友だち」に載っているのに、なぜかその原稿が見つからないものもある。
だから困っている。

今までも度々書いて来たように、現在のブログ進行は、あまり年代順にこだわってはいない。
というより、載せやすいものをチョイスしている傾向も、正直ある。
それでも、戦前から、いきなり戦後の買い出しへ飛ぶのも不自然だし、年を追うごとにたくましくなる末夫さんの成長や、登山や旅に対峙する姿勢、また、それらの過程の苦労譚が霞んでしまう。
全体の統一感は、ある程度大切にしたい。
言い訳ばかりだが、本にするためにファイリングされたはずの原稿を目の前に、作業は遅々として進まない。
一冊の本を完成させるまでの行程が、いかに大変なものか、今更ながら実感し、驚嘆している次第である。

年代を整理しなければいけない。
それは末夫さんの歴史だからだ。
そのことは、常に頭の中にある。
ただし、いずれHPに移行してからの話である。
そのような訳で、まだしばらくは現在のスタイルでブログを続けようと考えている。
だから数年の前後はご容赦願いたい。(太田)



画像

画像

画像

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

人造人間18号
2009年10月08日 19:12
 是非続けてください。期待しています。ゆっくり。