熊谷 太田 館林 古河サイクリング

板橋から大宮、上尾、熊谷。それに妻沼から太田、館林、古河、栗橋、杉戸、粕壁、北千住。昔、北千住ではやらない喫茶店を13年ほどやっていたことがあってよくバイクで千住から常磐線方面、会津へと走った。車と違って時間が自分のもののように感じた早さだった。今回の末夫さんのサイクリングにはただただ驚くのだがその距離を思うと記述が早いのもうなずける。今でも高速を使わずに地べたを車で走って見れば分かるが、このコースは大変な長さである。今で言えばちょうど50ccのカブで走るようなものだ。カブならちょうどいいのかも知れない。埼玉の妻沼には刀水橋というものがあって昭和29年生まれの妻沼出の友人もこの橋を知っていた。また東武妻沼線もまだなく(妻沼線は昭和50年代に廃止)その頃の利根川べりの様子がよく分かる。また新田義貞や高山彦九朗、熊沢蕃山、静御前という権力に対抗した人たちの墓をよく選んで?回ったものだと可笑しく思えた。

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント