平泉中尊寺


前々回にアップした「平泉迴遊」とは年代が異なりますが、順序としたらこちらの方が古いものと思われます。
しかし如何せん、年月日の記載がないので詳細は不明。
くだけた内容の旅行記とは違い、まるでガイドブックに掲載するような肩に力が入った書き方は、明らかに読み手を意識したものでしょう。
しかし当時の末夫さんがどこを見据え、何を目標に記録を綴り続けたのかは分かりません。
登山記や旅行記で暮らしが成り立つ訳ではありませんから…。

ただ膨大な記録の中から、「岳人」や「山と渓谷」、「ハイキング」誌などへ投稿、採用されているので、それを楽しみにしていたことは確かです。
自分の文章が活字になる喜び。
自分の文章に多くの人が目を留めてくれる喜び。
それらが末夫さん晩年に唯一出版された「汽車が好き、山は友だち」に結実します。

末夫さんの原稿はまだまだ整理の途中ですが、ブログタイトルに「旅と山登りと買い出しと」としたので、登山記事ばかりではなく、昭和初期の旅行記録なども早急にまとめ、順次アップしていこうと考えています。
更新した後に古い記録やスケッチが見つかったり、逆に原稿が欠落していたりで、相変わらずこちらの思考錯誤も続いています。(太田)



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント