玉原越

昭和7年の大日本帝国陸地測量部の「追貝」5万分の一の地図によると玉原越えの道は里道で聨路(れんろと読むか)の実線と破線のつながりが夜後から上発地まで続いているのを読むことが出来る。この地図は末夫さんが当時持っていったもので裏には沼田発の列車の時刻が書かれている。今では玉原ダムが出来て車で走り抜けられるようだが玉原スキー場から先藤原湖方面は一般者車は通れないと書かれている。ただ新しく作られた玉原越えの小道が出来ているようだ。廃道になったこの当時の道はどんなものだったのか今の玉原からは想像も出来ないだろう。
 この手書きの地図では湯檜曽駅が上越線のループ式のレールの先になっているが7年当時の上越線は水上までではっきりとは分からないが、現在の駅から考えるとループ線の手前だと思う。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント