日原川渓谷と日原鍾乳洞探勝

青梅線が氷川まで延びる前の御岳から歩くことは末夫さんにとってよくあることであった。雲取山に登る時などは最終で行って朝まで歩いたという。この頃の日原の鍾乳洞に案内人がいて白樺の皮をたいまつにしたなどというのは何処の国のことだろうと考えてしまう。またその最深部には入った者がいないというのも興味のある話だった。今は氷川駅も奥多摩駅と名前が変わって、ふたつの鍾乳洞は日原観光の中心地だという。セメント会社の車に気をつけて遊んでみてください。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

最近のコメント

テーマ別記事

QRコード