始めの一歩

 私は北信州栄村秋山郷で「もっきりや」という小さな山小屋をやっている長谷川好文と申します。 今回このブログを立ち上げようとしたきっかけは亡くなって15年にもなる父、長谷川末夫の残した山と旅の戦前、戦中、戦後の記録を整理していたときに思いつきました。ただその記録が膨大でとても短時間で読みきれることが出来ません。そこで少しづつ皆様と一緒に読んで行けるような、また最後まで貫徹できる方法を模索してをります。もう少し山の登り口を見つけるまでご猶予を頂きたく思います。そこのところ宜しくお願いいたします。 尚、父は平成四年に草思社より「汽車が好き、山は友だち」という本を出しております。まだ手に入るようでもありますし、図書館ででも読んでいただけると、これからの「旅行帳」がより面白くなるかもしれません。ただし今は私の山での暮らしも始まりだして忙しくなります。このブログのスタイルを決めるまでもう少し時間を頂きたいと思います。勿論私も溜息のように参加します。

 /></a></div><a name=

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Nシステム
2008年05月20日 22:05
ブログ開設おめでとうございます。
期待しております。
我孫子の黒田
2008年09月27日 21:29
ブログを拝見しました。
これからの山紀行を楽しみに期待しています。
父上の『汽車が好き、山は友だち』を愛読する者です。
2008年09月28日 10:44
 どうも書き込みありがとうございました。なにぶん古い記事でしてそれを読みこなしてから載せればいいのですが、生活の方も忙しくこの形になりました。これからも時間を作って続けていこうと思っています。何卒宜しくお願いいたします。
2010年09月06日 22:07
この前、この本の事を知り、
注文させて頂き、先日届きました。
まだ、読み始めたばかりなのですが、
お話に引き込まれてしまいました。
ゆっくり、読ませて頂こうと思います。
2010年09月08日 21:00
まことに恐縮いたし居ります。戦前戦中戦後と旅をした末夫さんの最後の力作だと僕は思っております。時代の人々の暮らし振りや戦争に翻弄されていかざるを得ない人間の厳しさを思うとこれからの時代をこころして見ていかなければならないのだろうと思います。ちょっと長いものですが是非読みおおしてください。ありがとうございます。